Home > 営業 江波戸 > 夏のイベント最終日

夏のイベント最終日

29.30日、夏休み最後のイベントが無事終了しました。

7月の真夏日に比べたら、長袖を持ちたくなるくらいの涼しさに変わり

雨は降ってしまったものの過ごしやすい二日間でした。

そんな雨にも関わらず、11:00開始と同時に

多方面からご来場頂いてとても嬉しかったです。

千葉・市川方面、外房、君津方面など、お伺いすると

これまでにない遠方の方もいらっしゃってびっくりしました。

今回、市原産の野菜3種類は二日間ともその日の朝、収穫したものを

プレゼントしました。

この農園カフェレストランの企画もオープンするときは

地元のお野菜を使ったメニューが取り入れられると思います。

また個人的に私が大多喜町というところの出身ですので

大多喜町での特産も知人を介してメニューに仲間入りできればいいなぁと

思っています。

今回は、たけのこの時期ではないので梅干をプレゼントしました。

大多喜町の農家、山口さんはたけのこの時期になると普通の掘り方とは

ちょっと違った職人的掘り方で新鮮さ長持ちのたけのこを出荷しているそうです。

山口さんだからできるたけのこのお料理なども教えてもらいました。

紫蘇の香りがしっかりついていてとてもおいしい梅干です!

ザッカフェ主催の手作り教室は、風鈴作りもサマーリース作りも

用意していた材料が全部なくなってしまうほど、大人気でした。

お父さんも一緒に家族全員で「夏の思い出」を風鈴に描いてみた方も

いらっしゃいましたし、お子さんの夏の課題の最終章にされた方も

いらっしゃいました!

海辺で拾ってあつめておいたシーグラスはいろいろ使い道もあって

おまけにかわいくてきれいで、男の子にも女の子にも喜んでもらえました。

「人間が勝手に置き去りにした瓶が、波や岩や砂で

削られて、捨てないで使ってよー!って戻ってきたのを

拾ってきたんだよ」・・・と少々重い説明をしてしまいました(;´д`)

古民家自体は足場が入っていて見上げると

梁が何本も見られます。

天井まで手が届く高さになっているので

これからみんなで梁掃除と塗装に入ります。

懐かしさがつまったこういう建物が大好きで・・・と

大工さんとお話されていました。

またみなさんから「楽しみにしてます!」

「大変そうだけど頑張って!」

「カフェ作りに参加したい!」と声をかけて頂きました。

今、みなさんに頂いた「自家農園カフェレストラン」用のアンケートを

まとめながらどんな食材を選んであげられたらいいか、

どんなイベントを企画したら良いか・・など

考えています。

長くなりましたが、大人も子供たちも喜べる場所になるよう

引き続き頑張ります。

 

 

⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

brog

ランキングに参加しています。クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

Home > 営業 江波戸 > 夏のイベント最終日

Search
Feeds
Meta

Return to page top