Home > 営業 高木 > 断熱材の検査。

断熱材の検査。

断熱材の検査の前に、新築住宅の消費者を守る法律をご紹介

住宅をご購入される場合、もし万が一があったら困ります。

新築住宅の場合、ご購入される消費者の保護が法律で決められておりまして、

住宅品質確保法というのが2000年(平成12年)4月1日に施行されました。

住宅の構造部分に欠陥があった場合。建設、販売した業者が責任を持って直しなさいという法律です。

購入される方が安心して住める法律ですね(^^)/

だけど、建てた業者が倒産しちゃったらどうするの。誰が直してくれるの。という事で。

住宅瑕疵担保履行法というのが平成21年10月に施行されました。

最近できた法律です。

こちらは、住宅業者が確実に補修工事を出来るように資金を確保しなさい

という法律になります。

どうやって補修工事の費用を確保するのかというと、所定の場所(供託所)にお金を預けておくか、

保険に加入するという方法で補修工事費用を確保します。

購入したかたは、もし、住宅会社が倒産してもこちらの保険や供託所に預けているお金で補修できるので

さらに安心して住めるようになりました。

 

どちらの法律も住宅のお引渡しの日からから10年間の期間です。

住宅のどの部分が対象かというとこちらです。

 

ライフはJIOという第三者機関で保険に加入しています。

ここでようやく断熱材の検査のお話です。

下の追加の検査のところです。

瑕疵保険については下の基礎配筋検査、躯体検査でOKなのですが

ライフは更に追加で検査しています。

防水の検査と断熱の検査です。

幕張のS様邸でちょうど検査をしていました!

大工さんがしっかり綺麗に入れてくれた断熱材を検査員が厳しくチェックしています。

背中には大きくJIOの文字が!

そうです。JIOの検査員の方です。

高性能の断熱材を使っていても隙間があったら冷暖房の効率が悪くなってしまいます(´;ω;`)

しっかりとした施工とチェックが大事ですね(^^)/

ライフでは良い家をお届けするために1棟1棟、自社だけでなく第3者機関のチェックを入れ安心して暮らせる家を提供させていただいております。

髙木でした。

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

↓ スマホでお手軽に最新情報をゲット! ライフのSNSメニュー♪

↓ 未公開の土地情報はライフクラブへ!

↓ モデルハウスだけじゃない!豊富な来場メニュー

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.lifestageneo.net/wp-trackback.php?p=62576
Listed below are links to weblogs that reference
断熱材の検査。 from ライフ

Home > 営業 高木 > 断熱材の検査。

Search
Feeds
Meta

Return to page top