Home > いんすたLIFE > ウィンドウトリートメント

ウィンドウトリートメント

5月に完成した千葉都町のモデルハウスにカーテンを取り付けました。

 

今回のモデルハウスのテイストに合わせて、清潔感があってふんわりした雰囲気にしたかったので、ギャザースタイルのレースカーテンにしました。

 

ギャザーレースカーテンとは、通常等間隔にタックを摘まむスタイルに対して、ギャザーテープと呼ばれる特殊な部材をカーテンの上部に縫い付けて、手繰り寄せてヒダをつくるものをいいます。

 

写真で見るとこんな感じです。

細かいヒダがびっしりあるのがわかると思います。

 

さて、このギャザーカーテン。使っている生地の量がすごいんです。

 

一般的な既成カーテン(量販店で販売しているもの)は1.5倍ヒダ

一般的なオーダーカーテンは2.0倍ヒダになっています。

 

これは、例えば幅1mのカーテンレールがあったとすると、

1.5倍ヒダは1.5mの生地を

2.0倍ヒダは2.0.の生地を使って縫製をします。

 

何が変わるかというと、ヒダの深さ。

 

1.5倍ヒダはヒダが浅くスッキリとした印象

2.0倍ヒダはヒダが深くボリューム感のある印象になります。

 

そして、今回のギャザーカーテンは2.5倍の生地を使用しています。

 

2mのカーテンレールを使用したので、

なんと5mの生地を使っていることになります。

 

そんなたっぷりの生地をギャザーテープで寄せると、

こんな見た目になります。

 

 

きっちっとしたヒダではなく、ランダムでふわふわした見た目に。

 

このふわふわ感が、空間にふわっとした優しい雰囲気を与えてくれて、

イメージ通りのインテリアに仕上がりました。

 

そんなこちらのモデルハウスはオープンハウス開催中です。

カーテン含めたインテリアが気になる方は、

ぜひ現地をご覧ください。

 

ご来場予約はこちらから↓

モデルハウスご来場予約サービス

 

青木でした。

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

↓ スマホでお手軽に最新情報をゲット! ライフのSNSメニュー♪

↓ 未公開の土地情報はライフクラブへ!

↓ モデルハウスだけじゃない!豊富な来場メニュー

Home > いんすたLIFE > ウィンドウトリートメント

Search
Feeds
Meta

Return to page top